海鮮料理を香港で食べるなら外せない西貢サイクン

白灼蝦 ゆで蝦 - 西貢 (Sai Kung サイクン)
2009年5月31日

香港グルメといえば、飲茶、広東料理や北京料理、四川料理、と色々ありますが、イケスから新鮮な海鮮を選んで、美味しく調理してもらって食べるという海鮮料理を外すことはできません。

西貢 (Sai Kung サイクン)
西貢 (Sai Kung サイクン)
西貢 (Sai Kung サイクン)

ふと、海鮮料理が食べたくなり、西貢(Sai Kung サイコン サイクン)までやって来ました。
西貢の街の埠頭近くには、たくさんの船が集まり、船の上で、石斑をはじめとする魚や貝、シャコといった様々な海鮮を売っています。

西貢 (Sai Kung サイクン)

こんなものも売っていました。

見て分かりますか?
左下の方にあるボールの中に入っているのが、どうやらカブトガニっぽい、生き物です。裏側にひっくり返って入っています。
まぁ、売り物だとは思うのですが、買ったとしても、一体どうやって、食べるのでしょうね。

西貢 (Sai Kung サイクン)

海辺沿いを歩いていると、「海鮮街」と書かれた大きな門が見えてきました。

さすがに、「海鮮街」。海鮮レストランがずらっとお店を構えている通りです。「海鮮街」の名前に偽りはないようです。

西貢 (Sai Kung サイクン)
全記海鮮菜館
西貢 (Sai Kung サイクン)
トンキー・シーフード

色々海鮮レストランが並んでいるのですが、ミシュランガイドで、海鮮料理店で唯一掲載されたお店「全記海鮮菜館」や、なんともやるせないカタカナ表示のお店「トンキー・シーフード」といったお店が並んでいます。

全記海鮮菜館は、色々なガイドブックに出てきたり、香港人のレストラン口コミサイトでも、なかなか良い評価を得ているようです。

今日は、洪記海鮮酒家で海鮮料理を注文します!

いけす - 西貢 (Sai Kung サイクン)

色々な海鮮レストランの店先に並んでいるいけすを見比べて、素材の活きが良さそうに見えた「洪記海鮮酒家」に、今日は入ってみました。

洪記海鮮酒家 Hung Kee Seafood Restaurant
西貢 海旁廣場 兆日樓4-8號 地下及一樓
G/F& 1/F, Shop 4-8, Siu Yat Building, Sai Kung Hoi Pong Square, Sai Kung
☎ 2792 1348

メニュー - 西貢 (Sai Kung サイクン)

お店に入って、席に案内されると、「海嘯價」 (hoi siu ga: 津波価格)と書かれたセットメニューを渡されました。

今日は二人でお店に入りましたので、「二人世界」(二人用セットメニュー)を見ることにしましょう。

11種類の海鮮料理から、4つ選んで、338香港ドル。

二人で、日本円で、4,500円ぐらい。一人あたり、二千円ちょっと。こんなもんで、海鮮を4品も食べることが出来れば、なかなかお得なお値段設定ですね。
もしかすると、一皿のポーションが小さいのかもしれませんけどね。

で、選べるメニューはコチラ!

  • 【芝士龍蝦伊麺底】 ji si lung ha yi min dai ロブスターのチーズソースかけ (伊麺という麺が細い幅広麺が下に敷いてあります。)
  • 【清蒸海上鮮】 ching jing hoi seung sin 多分、蒸し魚
  • 【白灼海生蝦】 baak cheuk hoi sang ha 茹で蝦
  • 【清蒸鮑魚仔】 ching jing baau yue jai 蒸しトコブシ(鮑の小さいのん)
  • 【蒜鹽焗魷鮮】 suen yim guk yau sin いかのにんにく塩焼き (でも、実際は炒めっぽい)
  • 【薑葱焗海蟹】 geung chung guk hoi haai 蟹の生姜と葱焼き (でも、実際には炒めが出てきた。)
  • 【鹽焗跳螺】 yim guk tiu loh 巻き貝の塩焼き (でも、実際は炒めが出てくる?)
  • 【豉椒炒蜆】 si jiu chaau hin シジミのピーマンとトウチ(黒豆みそ)炒め
  • 【焼味拼盤】 siu mei ping poon 焼物取り合わせ
  • 【豉椒炒蟶子】 si jiu chaau chung ji マテ貝のピーマンとトウチ(黒豆みそ)炒め

で、今回は 【芝士龍蝦伊麺底】 【白灼海生蝦】 【薑葱焗海蟹】 【豉椒炒蟶子】 を選びました。

あと、この二人用セットメニュー、野菜炒め一皿と、ソフトドリンク一本ずつが、込みこみで付いてくるようです。

おまけに、【加一茶芥全免】だそうです。
【加一】は通常、料金の10%で請求されるサービス料のこと。【茶芥】はお茶代。
この二点を請求することはないですよ、とのこと。
かなり本気のお徳メニューですね。

おまけに、月曜日から日曜日まで同じ料金で変わらないようです。
土日は適用なし、とか有りそうなんですけどね。

西貢サイクンでの食べる海鮮料理の醍醐味!大きないけすから新鮮食材を選びます!

いけす - 西貢 (Sai Kung サイクン)

実は、セットメニューに載っていなかったんですが、是非とも食べたいメニューがあったんです。

で、いけすの方に行ってみました。
結構たくさんの海鮮が入っているでしょ~。

蒸し魚で見る機会の多い石斑や、普通の海老、龍蝦 ロブスター、名前のよく分からない大きい貝、アワビ、意外と大きい紋甲イカとか、なんだか小さな海族館のようです。(展示されている身にとっては狭そうですが…)

シャコ 頼尿蝦 - 西貢 (Sai Kung サイクン)

その食べたかったメニューは、コチラ。
シャコです。かなり活きがいいです。暴れまわっています。

シャコ 頼尿蝦 - 西貢 (Sai Kung サイクン)
シャコ 頼尿蝦 - 西貢 (Sai Kung サイクン)

このシャコ二匹は、塩コショウ炒めにしてもらい、【椒鹽頼尿蝦】 jiu yim laai niu ha というお料理になって出てきます。

ハタ - 西貢 (Sai Kung サイクン)
ハタ - 西貢 (Sai Kung サイクン)

先ほどのいけすの横にも、大きな水槽がありました。その中には、大きなクエ(?)、ハタ(?)のような魚がウロウロ。これ、写真では分かりにくいんですが、かなり大きいんです。全長70-80cmはありそうな勢い。
一人で抱えて持つのも苦労しそうな大きさです。

これ、注文する人、いるんですよね。
一体、何人で寄ってたかれば、完食できるのか?こんな大きい身に火を通すのに何分かかるのか?どうやって、水槽から引きずり出すのか?
色々な疑問が頭の中を駆け巡っていきます。

さぁ、お待ちかねの料理が出てきました!いただきます!

白灼蝦 ゆで蝦 - 西貢 (Sai Kung サイクン)
白灼蝦、ゆで蝦

さぁ、お料理が運ばれてきました。
まずは、白灼蝦、ゆで蝦です。ほんとに、ゆでただけの山盛りのエビです。下手に料理をするよりよっぽどおいしい、ということなんでしょう。
それにしても、新鮮な蝦だからでしょう、鮮やかな紅白の縞模様が映えています。

これは、殻をむきむきして、唐辛子の入ったピリ辛醤油につけて食べます。
まぁ、頭から「チューッ」と吸ったりね。ちょっと甘くて、プリッとした食感がたまりません。

えびを一つ一つ自分でむかないといけないので、面倒くさいのですが、それでも、おいしくて次から次へと手が出ちゃいます。
と言いながら食べている間に、目の前には殻の山が出来てしまいました。

ゆで蝦と一緒に、なにやら小さいボールのようなものも出てきます。そのボールの中身は、お茶にレモンスライスがいい感じに漂っています。

あー、これはあれですね。

このレモンティーをボールで沢山いただいて、次のお料理の前に、口をすっきりしようということですね。

嘘です。
このレモンティーはレモンティーじゃないです。フィンガーボールです。
白灼蝦はどうしても手でむくので、手がねとねとしちゃうんで、その手を洗う為のものなんです。ははっ、飲まないで下さいね。

マテ貝 - 西貢 (Sai Kung サイクン)
豉椒炒蟶子 マテ貝のピーマンとトウチ(黒豆みそ)炒め

えー、次に、【豉椒炒蟶子】 マテ貝のピーマンとトウチ(黒豆みそ)炒め です。
マテ貝は、この細長い貝です。日本ではあまり見たことはなかったですが、瀬戸内海で取れたり、食べたりしているようです。知らなかった。

このマテ貝、なかなかイケます。

シャコの塩コショウ炒め - 西貢 (Sai Kung サイクン)
椒鹽頼尿蝦 シャコの塩コショウ炒め

次は、追加で注文した【椒鹽頼尿蝦】 シャコの塩コショウ炒め です。
かなりにんにくも効いて、ピリ辛なテイストが食を進めます。

いやぁー、ビールが進むお味です。

シャコの塩コショウ炒め - 西貢 (Sai Kung サイクン)
蟹の生姜と葱炒め - 西貢 (Sai Kung サイクン)
薑葱焗海蟹 蟹の生姜と葱炒め

次は、【薑葱焗海蟹】 蟹の生姜と葱炒め です。
これも、なかなか美味しい。

ロブスターのチーズソースかけ - 西貢 (Sai Kung サイクン)
芝士龍蝦伊麺底 ロブスターのチーズソースかけ

あと、【芝士龍蝦伊麺底】 ロブスターのチーズソースかけ。

メインのロブスターも美味しいのですが、底に敷いている伊麺、細目の幅広麺をチーズソースをからめて食べるのも、また美味しい。

フルーツ - 西貢 (Sai Kung サイクン)

さてさて、フルーツ盛り合わせでも出てきて、そろそろお勘定です。

会計伝票 - 西貢 (Sai Kung サイクン)

明細は、というと…

SEA FOOD 160.0
SET MENU 338.0
KITCHEN 35.0
10% 3.5
【TOTAL】 536.50
ということでした。

SEA FOOD 160香港ドルは、大きなシャコ二匹分ということね。なるほど。
で、このKITCHEN 35香港ドル というのが、シャコの調理代ですか。これは聞いてなかったなぁ。まぁ、イケスから料理してもらったら、料理代が別途かかる、ということですかぁ。

すると、シャコ 【椒鹽頼尿蝦】 は、合計 195香港ドル ということに。
すると、セットメニュー 338香港ドル のお徳ぶりがすごいなぁ。四皿選べて、シャコの二倍もいかないですからね。

いやぁ、まぁ、たくさん食べました。
これで、二人で、536.5香港ドル 日本円で 7,500円ほどであれば、大満足です。

洪記海鮮酒家 - 西貢 (Sai Kung サイクン)
洪記海鮮酒家 - 西貢 (Sai Kung サイクン)

ということで、西貢・洪記海鮮酒家 での海鮮料理でした。
今日は、お店の前の野外のテーブル席でいただいたのですが、扇風機も回っていたり、時々、潮風が軽く吹いてきたりで、なかなか気持ちよかったです。

あと、西貢の海が目の前に広がっていますから、海の近くで、海鮮を食べる、というかなり雰囲気たっぷりで良かったです。

西貢サイクンへの行き方

さて、海鮮料理を満喫できる西貢サイクンは、街の中心部からちょっと離れた場所にあります。中環や尖沙咀から直接行けず、所要時間はだいたい1時間半ぐらいでしょうか。でも、その価値はありますよ。

バス停 - 西貢 (Sai Kung サイクン)
  1. MTR沙田 (Sha Tin)駅から、299番バス (沙田市中心)
  2. MTR鑽石山 (Diamond Hill)駅から、92番バス
  3. MTR彩虹 (Choi Hung)駅から、緑色ミニバス1M番
  4. 旺角から赤色ミニバス (旺角の乗り場: 油麻地・登打士街と花園街の交差点)

より大きな地図で Love Life Hong Kong を表示