伝統的な点心から革新的な点心も楽しめるモダンな飲茶点心専門店「點一龍」Dim Sum Bar(荃湾店) 閉店

龍蝦湯三皇餃 - 點一龍 Dim Sum Bar
2012年1月23日
この記事に掲載されている店舗は閉店となっています。別店舗の有無や最新情報は別途ご確認ください。

香港でオシャレ系レストランを展開するCAFE DECOグループが手がける飲茶点心の専門レストラン「點一龍 Dim Sum Bar」というお店が出来ていたので、行ってみました。
ところで、最近、飲茶点心の専門レストランが香港で増えている気もするのですが、気のせいなんですかね。

で、「點一龍」は、尖沙咀(チムサーツイ)の海港城(ハーバーシティ)と、荃湾(ツェンワン)にある如心廣場(ニナタワー)の二箇所にお店があり、今回は、荃湾店に来てみました。

點一龍 Dim Sum Bar

店頭には、「点一」と書いていますが、ここが目指す「點一龍」。なんか、点一(てんいち)と聞くと、脊髄反射的に、天一(てんいち:天下一品 こってりラーメンで有名な日本の中華レストラン)を思い浮かべてしまうのが、「点」は繁体字で「點」なので、まぁ、「点一」は「點一」ということで合っています。
で、「龍」はどこに行った?と思うと、ちゃんとロゴとして龍が書かれているんで、3つ揃って「点一龍」になると。なかなか、引っかけ問題的なお店のロゴでした。

店内 - 點一龍 Dim Sum Bar

店内に入ると、こんな感じの黒服イケメン店員さんが席へと案内。

他の香港の大衆的なレストランとは違って、がさつではなく、CAFE DECO系列店ならではのサービスを受けることが期待できます。

店内 - 點一龍 Dim Sum Bar

コンセプトを持って、デザインしました感がある店内です。「添好運」とは違って、ちょっとゆっくり食事して時間を過ごせそうな雰囲気です。

ちなみに、天井の六角形、蒸籠をイメージしているようです。

テーブル - 點一龍 Dim Sum Bar

テーブルには、ロゴ入りの食器が綺麗にセットされています。
んー、やっぱり、店名が「点一」ではないかと思ってしまう…

オーダーシート - 點一龍 Dim Sum Bar

このお店のデザインは、結構ちゃんとしていて、メニュー立てが竹で作られているのもなかなかセンス良いのですが、その竹の表面にお店のロゴを焼き押し。小物に統一感があり、さすがは、CAFE DECOグループのお店、手を抜いていない、という印象を持ちました。

メニュー - 點一龍 Dim Sum Bar

さっそく、メニューを見ていきます。

メニューも、蒸籠の竹で編まれた模様となっていて、なかなかのセンス良い仕上がりのメニューとなっています。しかも、このメニュー、写真が一杯で、どれがどういった点心なのかが分り易くで、ぱっと香港旅行に来た人でも、安心して、飲茶を楽しめるようになっていました。

では、お薦めメニューを中心に、注文用の紙に書き込んでスタッフの人に渡して、注文をします。

お粥 - 點一龍 Dim Sum Bar

皮蛋痩肉粥 38香港ドル
ピータンと豚肉のお粥

すみません、いきなり、ご飯ものから始めて。しかもかなりの定番のお粥で。

春巻 - 點一龍 Dim Sum Bar

芝士白汁蝦春巻 22香港ドル

次はエビ春巻を頼みました。
春巻と言えば、たけのことかの具が入ったのが、日本では定番かなと思うのですが、この普通の見た目の春巻、一体、どんな感じなのでしょうか?

春巻 - 點一龍 Dim Sum Bar

中から、エビと、とろ~りチーズホワイトソースが出てきました。
んー、中で海老グラタンで、外がカリカリ皮の春巻というなんとも、創作系な点心。

大根餅 - 點一龍 Dim Sum Bar

香炸百花蘿蔔糕  26香港ドル

これまた、創作系の点心。蘿蔔糕(ロウバッコー 大根餅)に、エビのすり身を付け、表面にパン粉をまぶして揚げています。外側のサクッとした食感と、内側の大根餅のモチモチとした食感のバランスが特別です。

あわびと鶏肉のパイ - 點一龍 Dim Sum Bar

鮑魚雞粒酥  38香港ドル
あわびと鶏肉のパイ

バターの香りがするパイ生地はサクサクで、鶏肉も鮑ソースで煮こまれていて、味がよく染み込んでいます。アワビも柔らかくて、しっかりと味がついていて、なかなかの一品でした。

灌湯餃 - 點一龍 Dim Sum Bar

佛跳牆鮑魚絲灌湯餃 48香港ドル

スープは、なかなかのお味です。
アワビが入っているとメニューではなっていますが、入っていたのかどうか、気づきませんでした。

龍蝦湯三皇餃 - 點一龍 Dim Sum Bar

龍蝦湯三皇餃 58香港ドル

香港で食べる点心でセンターポジションと言えば、蝦餃(ハーガウ エビ餃子)かな、と思うのですが、こんなエビ餃子は今まで見たことありませんでした。

これは、なんとエビ餃子入ロブスタースープ。餃子に入ったエビとエビ界の王様ともいうべきロブスターの夢のコラボレーションです。

龍蝦湯三皇餃 - 點一龍 Dim Sum Bar

ロブスタースープは、ロブスターの味が濃く出ています。スープの中にある海老餃子は、プルプル食感の皮の中には、エビとロブスター、と蟹肉がたっぷり入っていて、甲殻類好きには堪らないメニューです。

シューマイ - 點一龍 Dim Sum Bar

黑松露鮮蝦燒賣 22香港ドル

エビ餃子に続く、点心と言えば、焼賣(シューマイ)ですかね。
この焼賣、上になんと黒トリュフを載っけちゃっています。

まぁ、だからと言って、今までにない新しい味の発見が有ったか、無かったかと言われると、無いんですけどね。いやいや、このお店の攻めの姿勢に感服です。

お会計 - 點一龍 Dim Sum Bar

さて、点心7品と、お茶代、10%のサービスチャージがついて、286香港ドルでした。

一人1,500円いかないくらいですから、お手頃価格で楽しめるお店でした。香港一人旅に来た人でも気軽に立ち寄れるので、オススメのお店だと思います。今回、攻めの点心を中心にチョイスしましたが、伝統的な点心もしっかりメニューにあり、ご飯、麺、デザートまで一通り揃っています。

あと、香港の飲茶で重要なのが、時間。街中のレストランの飲茶は、早朝から午後までで、晩ご飯の時間帯は、飲茶メニューはなくて、普通のメニューだけなんです。で、晩御飯に飲茶を食べたい、と思い立ったら、大変なんですよね。飲茶メニューやってるレストランが無いから。

點一龍 Dim Sum Bar

でも、「點一龍」のような点心専門店は、そういった人の救世主。営業時間中、ずーっと、飲茶メニューを出しています。軽い朝ごはんから、午後のおやつ、お夜食にいつでも点心を食べることができます。結構、旅行で香港に来られる方には、ウレシイ選択肢かもしれませんね。

點一龍 Dim Sum Bar
今回行ったのは、荃灣(チュンワン)店。【荃灣店は閉店
荃灣楊屋道8號如心廣場1樓119店
Shop 119, 1/F, Nina Tower, 8 Yeung Uk Road, Tsuen Wan

點一龍 Dim Sum Bar
尖沙咀(チームサーツイ)にもお店があります。 【 尖沙咀店は営業中
尖沙咀廣東道17號海港城港威商場GW G103舖
Shop G103, GW, Gateway Arcade, Harbour City, 17 Canton Road, Tsim Sha Tsui
2175 3100